庄内藩士による開墾地 松ヶ岡 - 開墾記念館
庄内藩士による開墾地 松ヶ岡の
QRコードはこちら
QR
コード
Welcome   Guest
松ヶ岡の観光案内 ― 松ヶ岡開墾場


開 墾 記 念 館




明治の松ヶ岡開墾の記録や養蚕などの貴重な資料が展示されています。

また、全国の土人形・土鈴などの田中コレクション(田中氏は開墾士の末裔)も展示しています。

建物は、現存する蚕室5棟のうちの1棟で、明治8年創建の建物です。他の蚕室と同様、棟梁は当時の名匠高橋謙吉(鶴岡)ら2名で、養蚕業の先進地であった上州村(群馬県佐波郡境町)田島家の蚕室を模して建造したといわれています。
 桁行21間(37.8m)、梁間5間(9m)で、2階建の上には通風換気のためにさらに越屋根をとりつけ、屋根には明治8年にとりこわされた鶴岡城の瓦が使われています。



庄内藩士による開墾地 松ヶ岡


松ヶ岡の観光案内 ― 松ヶ岡開墾場


開 墾 記 念 館




明治の松ヶ岡開墾の記録や養蚕などの貴重な資料が展示されています。

また、全国の土人形・土鈴などの田中コレクション(田中氏は開墾士の末裔)も展示しています。

建物は、現存する蚕室5棟のうちの1棟で、明治8年創建の建物です。他の蚕室と同様、棟梁は当時の名匠高橋謙吉(鶴岡)ら2名で、養蚕業の先進地であった上州村(群馬県佐波郡境町)田島家の蚕室を模して建造したといわれています。
 桁行21間(37.8m)、梁間5間(9m)で、2階建の上には通風換気のためにさらに越屋根をとりつけ、屋根には明治8年にとりこわされた鶴岡城の瓦が使われています。



Copyright(c) 松ヶ岡HP製作委員会.All Rights Reserved.