庄内藩士による開墾地 松ヶ岡 - 松ヶ岡について
庄内藩士による開墾地 松ヶ岡の
QRコードはこちら
QR
コード
Welcome   Guest
松ヶ岡の観光案内

松ヶ岡の観光案内 『お知らせ』

 8月7日・14日・21日・28日(日曜)の「午前8時から」およそ30分の予定で「松ヶ岡本陣」において「論語の素読会」を開催します。
参加者を30名目安に「参加費100 円」で行います。
資料は主催者側で準備しますので、事前に<sangyou@matsugaoka.net>まで参加人数の申し込みのご連絡をお願いします。

当日でもまだ参加に余裕がありましたら、その場でも参加受付いたしますので、皆様どうぞ気軽にお出でくださいませ。 親子でのお出でも大歓迎です。是非お待ちしています。

--------------------------------------------------------

 山形県鶴岡市羽黒町松ヶ岡地区は、現在55世帯が生活を営む小さな地区です。この地は、かつて武士達が開拓をして築き上げられました。

 松ヶ岡を代表する旧跡「松ヶ岡開墾場」は、明治維新に際し、庄内藩の武士達が刀や槍を鋤(すき)や鍬(くわ)に替え、荒野を開墾開拓し、論語を心の支えとし、養蚕業を興し、産業の振興に貢献した歴史の地です。

 松ヶ岡開墾場には、大蚕室群や藩主が参勤交代の際に休み処とした本陣、そして新徴組(しんちょうぐみ)浪士の居宅等の文化財が残り、桜や水芭蕉、桃、ダリアの季節にはきれいな花々が咲き、実りの候には桃や庄内柿等の果樹をはじめ、農産物の直売所や陶芸、クラフト、そしてお食事処、映画資料館、開墾記念館、ギャラリー等を楽しみに、大勢の皆様が松ヶ岡に「癒し」を求めて足を運んでいます。

 開墾の歴史や文化そして文化財は庄内全体の財産であり、四季折々の自然景観や歴史的建造物等を護り、それらを生きた文化財として活用しながら、先人の思いを次代に伝え残していきたい、そんな日々の松ヶ岡の様子を紹介しています。




大きな地図で見る

庄内藩士による開墾地 松ヶ岡


松ヶ岡の観光案内

松ヶ岡の観光案内 『お知らせ』

 8月7日・14日・21日・28日(日曜)の「午前8時から」およそ30分の予定で「松ヶ岡本陣」において「論語の素読会」を開催します。
参加者を30名目安に「参加費100 円」で行います。
資料は主催者側で準備しますので、事前に<sangyou@matsugaoka.net>まで参加人数の申し込みのご連絡をお願いします。

当日でもまだ参加に余裕がありましたら、その場でも参加受付いたしますので、皆様どうぞ気軽にお出でくださいませ。 親子でのお出でも大歓迎です。是非お待ちしています。

--------------------------------------------------------

 山形県鶴岡市羽黒町松ヶ岡地区は、現在55世帯が生活を営む小さな地区です。この地は、かつて武士達が開拓をして築き上げられました。

 松ヶ岡を代表する旧跡「松ヶ岡開墾場」は、明治維新に際し、庄内藩の武士達が刀や槍を鋤(すき)や鍬(くわ)に替え、荒野を開墾開拓し、論語を心の支えとし、養蚕業を興し、産業の振興に貢献した歴史の地です。

 松ヶ岡開墾場には、大蚕室群や藩主が参勤交代の際に休み処とした本陣、そして新徴組(しんちょうぐみ)浪士の居宅等の文化財が残り、桜や水芭蕉、桃、ダリアの季節にはきれいな花々が咲き、実りの候には桃や庄内柿等の果樹をはじめ、農産物の直売所や陶芸、クラフト、そしてお食事処、映画資料館、開墾記念館、ギャラリー等を楽しみに、大勢の皆様が松ヶ岡に「癒し」を求めて足を運んでいます。

 開墾の歴史や文化そして文化財は庄内全体の財産であり、四季折々の自然景観や歴史的建造物等を護り、それらを生きた文化財として活用しながら、先人の思いを次代に伝え残していきたい、そんな日々の松ヶ岡の様子を紹介しています。




大きな地図で見る

Copyright(c) 松ヶ岡HP製作委員会.All Rights Reserved.