庄内藩士による開墾地 松ヶ岡 - 新徴屋敷
庄内藩士による開墾地 松ヶ岡の
QRコードはこちら
QR
コード
Welcome   Guest
松ヶ岡の観光案内 ― 松ヶ岡開墾場


新 徴 屋 敷




文久3年(1863年)、
その配下となった浪士組織新徴屋敷の人達が、庄内藩江戸取締の際に庄内に移住してきました。
新徴屋敷とは、その人達のために、
明治3年(1870年)鶴岡城下大宝寺地内に藩が建てた百棟の住宅のことです。

そのうち約30棟を明治8~9年頃に組小屋として松ヶ岡に移築し、やがて開墾士各戸の住宅としました。
以来、各戸では、これに改造・増築の手を加え住んでいました。

現存の建物は昭和61年(1986年)に開墾の歴史を物語る貴重な建物として永く保存するため、その一棟(匹田家住宅)を移築復元したものです。

創建年月:明治3年
構造  :石場建平家石置屋根寄棟造
建坪  :21.25坪
復元  :昭和61年10月



庄内藩士による開墾地 松ヶ岡


松ヶ岡の観光案内 ― 松ヶ岡開墾場


新 徴 屋 敷




文久3年(1863年)、
その配下となった浪士組織新徴屋敷の人達が、庄内藩江戸取締の際に庄内に移住してきました。
新徴屋敷とは、その人達のために、
明治3年(1870年)鶴岡城下大宝寺地内に藩が建てた百棟の住宅のことです。

そのうち約30棟を明治8~9年頃に組小屋として松ヶ岡に移築し、やがて開墾士各戸の住宅としました。
以来、各戸では、これに改造・増築の手を加え住んでいました。

現存の建物は昭和61年(1986年)に開墾の歴史を物語る貴重な建物として永く保存するため、その一棟(匹田家住宅)を移築復元したものです。

創建年月:明治3年
構造  :石場建平家石置屋根寄棟造
建坪  :21.25坪
復元  :昭和61年10月



Copyright(c) 松ヶ岡HP製作委員会.All Rights Reserved.